Webcam Eye Tracking: Attention Measurement Online | eye square
Eye square international full service market brand shopper and usability research company with focus on implicit research methods
アイトラッキング、視覚行動、オンライン、ウエッブカム
23131
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-23131,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.0,qode-theme-ver-9.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive
webcamを活用したアイトラッキング
世界初の視覚効果計測の革新

3日間で1000名の視覚効果計測の実施?対象者の半分はドイツ各地の地方に?それをリーズナブルな価格で実現?数年前まではこんな事は誰もが考えもしなかったことです。

現在私たちは家でパソコンの前に座っている人の視覚効果測定をオンラインで実施する事が出来るようになりました。一時的なPCカメラへのアクセスを許可すれば、そのカメラによってその人の視点移動を計測することができます。これは画期的なことであり、多くの費用と時間を節約することが出来ます。

オンラインによる視覚行動
-PCのカメラで計測可能に-
3つのベネフィット:
量的サンプル数、短時間の調査、低価格

このシステムの背景には、視覚行動とその認知パターンを分析する特別なアルゴリズムがあります。これにより、リアルなアイトラッキングに必要とされる正確さとフリークエンシーを実現しています。


アイトラッキングが可能にする、
視覚プロセスの3つの側面
1. 接触
2. 凝視
3. 検討

接触

視点の接触は、その要素がどの程度強く私たちの目を惹きつけているかを表しています。どの位の確率でその要素と接触するのか、どのように選択の意思決定がされるのかが分かります。それは下記の質問や最適化のプロセスを行うために使用されます。

 

見たものと見過ごされたもの(無視)を理解する

アイトラッキングによって、御社のターゲットがどのような視聴傾向があるのかがわかります。様々な統計的分析から、対象のフォーマット、配置された場所や、クリエイティブが見られたのか見過されたのかどうかは、それ以前のユーザーの体験に左右されます。期待や視聴態度に基づいて、直感的なコンテンツ、関心のある表示フォーマットやモティーフが選択されるのです。

 

顕著な購入意思決定

御社の商品はどの程度魅力的なものでしょうか?競合環境下でその差別化が出来ているでしょうか?視覚的な差別化や早い段階で注目を集めることによって、商品が購入されるかが決まるのです。

 

視覚的階層を計測し、最適化する

ある特定のデザイン要素に注目を惹きつけることは可能でしょうか?瞬時に情報を見つけるためには視覚的な構成が左右します。アイトラッキングによってこれを計測し、最適化することが出来るのです。

凝視

見終わった後でしか、明確にその動機が分かりません。繰り返される凝視によって、その意図との関係性や感情的な反応が明らかになるのです。

凝視する特徴としては下記の通りです。

 

関連性か阻害性か?

私たちは、目に反応するものが自分の期待している、もしくは求めているものなのかどうかを、わずか1秒の20分の1以下の時間で決定しています。短時間で目が捉える接触、しかしそれが関連性のない要素である場合はメディア体験にはあまり良い影響を及ぼしません。アイトラッキング計測の原則では、情報やモチーフはそのユーザー体験と関連するように選択され、最適な形で配置されるようにする事が可能なのです。

 

コニュニケーションには導入部分と動機がある

導入的な絵のモチーフやテキストの行間は注視力があるだけでなく、そのコンテンツと関連して見るための動機が生じています。凝視行動が移動と伴って生じるのは、コンテンツを積極的に探そうする見る側の注視行動をより深めていることを示しているのです。

 

記憶に残る重要な要素

絶えず惹きつけ、注視を促すイメージやシーンはコニュニケーションの重要な要素となります。その中心的なテーマを強くすることが、御社のブランドといかに持続性と影響力を及ぼす接触を可能にするかを、決定づけます。

検討

検討行動の特徴によって、対象メディア要素の目に見える情報がどの程度十分に処理されたのかを把握することができます。それが対象メディアのコンテンツにおける視聴者の関心を計測する事なのです。

コミュニケーションにおけるメッセージの伝達か、遮断か

早い段階の情報視聴の遮断や情報のスキップは、コンテンツが計画通りに伝達されていないことを意味しています。アイトラッキングによって、どのポイントでコンテンツの視聴がキャンセルされ、どの情報がスキップされたのかを明らかにするこが出来ます。

 

機能する視覚コンタクトは短くすることができる

アイトラッキングの調査により、成功しているブランドのコミュニケーションは、2秒間の視覚プロセスで処理されていることが明らかになっています。アイトラッキングは、適切なメディア文脈の選択や効果的なコニュニケーションの改善を可能にしています。

 

視覚的注目は行動よりも関心度をより正確に計測する

コンテンツや対象物への関心度は、関連する情報を視覚的にきちんと処理することで明らかにすることが出来ます。クリックや対象物への接触で購入決定するかどうかは、その状況要素によって左右されます。アイトラッキングのデータにより、対象の関心度に対応し、その行動を促すことが出来るのです。

弊社のサービス