棚割調査 - eye square
Eye square international full service market brand shopper and usability research company with focus on implicit research methods
ショッパー調査、ショッパー、棚割調査、店頭調査、インストア調査
19429
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-19429,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.0,qode-theme-ver-9.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive

棚割調査
顧客のニーズに合わせた、カテゴリーでの配列と購入の障壁を取り除き、買い物がしやすい環境を構築する

 

「見られていないものは購入されない」-多くの競合商品が陳列されている棚の中で、御社の商品群に注目を集めることはとても重要なことです。消費者視点に立った棚の配列は、わかりやすく、追加購入を促進します。この方法は特に、新商品の立ち上げや商品ラインの拡大に利用することが出来ます。

「棚に陳列された商品の2/3は見られていない」

15年に及ぶ何千人もの対象者のアイトラッキング調査結果により、私たちは上記のように結論づけています。

重要な成功の鍵は、理想的な棚割にかかっています。私たちが焦点を当てている調査では、消費行動を非言語的または言語的側面から解析することが出来ます。

店内や商品棚の導線プロセスを解明すると同時に、別のショッピング目標達成のために御社の商品カテゴリーを最適化する手助けをする

・顧客の探す論理を理解し、正しい法則を活用する

・強いブランド、シンボル、色や形状から棚の消費行動を解明する

・ショッピングのゴールを理解し、棚配列の必要条件を明確にする

・高い注目性と最適な陳列性

実際の店頭、調査会場、またはオンラインでのカテゴリー調査

 

・棚の探し方のパターンは何か?

・御社の商品は機能しているか?雑然とした店内の中で目立っているか?

・御社の商品が最初に気づかれたのはいつか、また誰に気づかれたのか?

・どこが理想的な場所で、パッケージのコンセプトはどのように機能しているのか?

弊社は、カテゴリー分類、顧客視点や購買行動など、御社が関心のある調査方法を実施、または最適化して、ベストな環境を提供します。

実店頭やバーチャルまたはオンラインで、非言語的視覚測定によりショッパーのインサイトを把握する