導線効果調査 - eye square
Eye square international full service market brand shopper and usability research company with focus on implicit research methods
店内行動、導線調査、消費行動、店頭マーケティグ
19458
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-19458,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.0,qode-theme-ver-9.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive

導線効果調査
顧客視点に立った店内のレイアウトで、ショッパーエクスペリエンスを向上させる

店内のレイアウトは、消費者の行動、感情、認知やブランドの認識されている方法に、大きな影響を与えています。

来店客の行動、ニーズや購入動機をより深く把握することによって、消費者の体験を一層強化し、デザイン要素から最適な効果を生み出す機会を得ることが出来ます。

店内の移動フローを増加させ、
ナビゲーションの阻害要因を誘発させる

 

本来あるべき体験を最適化、様々な機会を提供、そして来店を体験へと変える

  • 様々な店頭エリアには、どののくらいの往来があるのか?
  • どこにナビゲーション障害があるのか?
  • どの導線が繰り返し往来があるのか?
  • どこの場所がその商品カテゴリーにとって最適であり、二番目に良い場所はどこなのか?
  • 商品エリアや店内ショップの考え方はどのように最適化すればよいのか?

導線調査では、店舗での歩行行動と同時に、どのようなタイプの消費行動やその頻度を把握します。